×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

飲む育毛剤・養毛剤を存知ですか?

 飲む育毛剤・養毛剤をご存知ですか?育毛剤・養毛剤といえば、頭皮につけるタイプが主流ですが、飲む育毛剤・養毛剤もあります。万有製薬が発売しているプロペシアです。飲む育毛剤プロペシアは厚生労働省の認可を受けた、医師の処方せんを必要とする国内初の「飲む育毛剤」で、男性型脱毛症の治療薬として、有効性と安全性が認められた医療用医薬品です。
 頭に直接つけるタイプの育毛剤・養毛剤には、現状の毛髪や地肌の状態を維持する効果は大きいようですが、髪の毛が発毛効果はあまり期待できないようです。
 飲む育毛剤プロペシアは、良性前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、服用した患者の毛髪が増えるという副作用が見つかり、発毛や育毛効果があることが判明しました。男性型脱毛症の多くは、男性ホルモンのテストステロンの働きに関係しているようです。飲む育毛剤プロペシアは、頭髪の成長の妨げとなる男性ホルモンの活性化を抑制し、額から頭部中央の脱毛を抑え、育毛などの効果を発揮します。飲む育毛剤プロペシアの国内臨床試験では、1年間服用した被験者の54〜58%に脱毛症の改善が確認されたといいいます。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

プロペシアは、厚労省の認可を受けた「男性専用の脱毛症治療薬」!

 飲む育毛剤プロペシアは(一般名:フィナステリド)は、米国の医薬品メーカーのメルク社が開発した世界初の飲む育毛剤です。米食品医薬品局に認可された男性型脱毛症の治療薬として、米国では1998年初めに処方が開始され、現在では世界約60ヶ国で使用されています。
 プロペシアの日本での発売は、万有製薬が厚生労働省の認可を受け、2005年12月より開始されました。発売形態は、男性専用の脱毛症治療薬「プロペシア錠0.2mg/1mg」で、医療用医薬品のため購入には医師の診断と処方せんが必要です。保険は適用されません。薬の価格は各々の医療機関や薬局が決めますが、万有製薬は参考処方価格として1錠250円(税抜き)を設定しています。治療薬として、プロペシア錠を、原則1日1錠を内服することになります。
 飲む育毛剤プロペシアの服用対象は成人男性に限られ、女性や未成年は服用できません。プロペシアは医療用医薬品であるため、頭につける育毛剤とは異なり、薬局等での購入はできません。万有製薬の飲む育毛剤プロペシアの処方を受けるには、男性型脱毛症の治療を行っている専門医療機関での医師の診断が必要です。

プロペシアの効果と副作用

 プロペシアの効果は個人によって様々ですが、1年以上服用しても効果が実感できないようでしたら、その後服用を続けても効果は期待出来ないようです。
 しかし、プロペシアの国内における臨床検査では、1mgの錠剤を1年間服用した被験者の56%〜58%に改善効果が認められています。また、4%の被験者は性機能障害などの副作用がでたという報告もあります。継続してプロペシアの基本的な処方は1日1錠を毎日服用することですが、継続服用により肝機能障害等があることを周知しておきましょう。飲む育毛剤プロペシアを服用する前に、副作用等についての詳細な説明を専門医から受けることが重要です。
 プロペシアは男性用限定の治療薬であり、女性は、服用だけでなく接触も避ける必要があります。妊娠中やその可能性のある女性は、飲む育毛剤プロペシアを絶対に使用してはいけません。プロペシアが男子を妊娠している女性の体内に入ると、それが口から入った場合でも、皮膚から吸収された場合であっても、男子の生殖器に異常を起こすおそれがあります。同様な理由で、子供への服用も絶対禁止です。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 飲む育毛剤